覚えてもらいやすい名刺の作成

覚えてもらいやすい名刺 サラリーマンにとって名刺は重要なアイテムです。
初対面の取引先の方に名前を覚えてもらうために名刺を渡すことは必須ですし、デザイン等で他社に差をつけることで、顔と名前を覚えてもらいやすくもなります。
名刺の作成の際、会社のイメージシンボルとなっているカラーを使うことは必須です。
現代においてはモノクロのカラーというのも芸がないもので、多くの企業が凝ったデザインやカラーでの作成をしています。
ビジネスにおいては印象付けることがその先の取引に有利に働くことも多いです。仕事の依頼をどこの社に頼もうか悩んだ際に、初対面の際にもらった印象的な名刺が頭に浮かぶことも多いです。
他社からもらったものをファイリングする際、交換した日付を記載しておくことも得策です。交換した人数が多い場合、だんだんといつ会ったか分からなくなりますので、整理する際には自分なりの工夫が必要です。
出来る営業マンは一度会った人の顔は忘れないと言われています。

名刺の大きさと縦横の黄金比率

名刺の大きさは、91㎜×55㎜のサイズが4号という一般的な規格です。名刺入れやホルダーなどの関連するものはこの大きさの規格に合わせて作られてています。
ですので、他より目立たせようとこの規格より大きいサイズのものを作るのは明らかにマナー違反です。もらった人は名刺入れに入らないということになり扱いに困ってしまいます。
また、その縦横の比率は約1.65で、人間が最もバランスの良さや美しさを感じる比率で、これを黄金比率と呼んでいます。この黄金比率と胸ポケットに入る大きさにということになったのがこの規格のルーツと言われています。
ですので、この規格で目立たせるには、デザインや字体、エンボス、角を丸くするなど意匠の工夫しかありません。
逆に、一回り小さくして目立たせるという方法もあります。3号という一回り小さい規格もあります。
クラブやスナックの女性などは、一回り小さくておしゃれな名刺を使っています。もらったことありますよね。